あるるん亭ブログ

インドアからアウトドアまで幅広い日記と備忘録と趣味。ハムスター2匹含む家族と気まぐれライフ。

【プラモデル】ドキッ!アンテナ紛失!グロスインジェクションだらけのシナンジュ製作!(ポロリもあるヨ!)

ごきげんよう( *´ ェ `)ノ 

 

盆休真っ只中のあるさんです。

毎日昼から𝒉𝒂𝒎𝒔𝒕𝒆𝒓🐹とイチャイチャできて幸せです( *´ ェ `)

 

さて今回はRG 1/144 シナンジュを作りました。

久しぶりのRG!パーツが多い!折れる!紛失!ポロリもあるよ!

夏の大やらかし祭開催です。どうぞ。
f:id:alsanlog:20220813101214j:image

 

作ったもの
f:id:alsanlog:20220813101214j:image

RG 1/144 シナンジュ 

RGシリーズの中でも悪評高いキットの1つらしいです。

関節が浅く緩い、ポロリしまくり、アドバンスドMSジョイントのフレームと散々なレビューがチラホラ。

 

とはいえ、袖付きの袖付きたるメッキ風塗装の美しいエングレービングや装甲パーツが艷やかな光沢を放つグロスインジェクション仕上げとバンダイも気合を入れたキットだったのは間違いありません。

 

シナンジュとは

地球連邦宇宙軍再編計画「UC計画」の一環として、アナハイム・エレクトロニクスサイコフレームの限界性能とデータ収集を目的に開発した試作MS「シナンジュ・スタイン」をネオ・ジオン残党軍「袖付き」が強奪し、これを改修し完全な実戦機体として完成させたものであるとされる。

 

かつて同社が開発したMSN-04 サザビー、RX-93 νガンダムと同じく、機体の駆動式内骨格「ムーバブルフレーム」の一部にパイロットの脳波に反応する特殊構造材「サイコフレーム」を採用したニュータイプ専用機とされる。

サザビーなどと比べてスマートな体形なのは、技術進歩によるサイコフレームの多用化の実現によってサイコミュ装置の小型化が可能となり、それに伴って機体サイズの小型化が成功したためとされる

 

引用:シナンジュ (ガンダムシリーズ) - Wikipedia
f:id:alsanlog:20220813102104j:image

画像:©サンライズ

 

シャアの再来、袖付きのフルフロンタルが搭乗する専用機体でアニメ本編では無類の強さを発揮。近接から超遠距離まで抜群に強い上にデザインも相まってファンの多い機体の1つでもありますね。

 

ネタバレ含むので未履修の人は本編見ようね。機動戦士ガンダムUC episode 6 冒頭7分映像 - YouTube

 

作りましょう
f:id:alsanlog:20220813102526j:image

毎度スマホとカメラの写真が混ざって申し訳ないですな。都度カメラを構えるのも面倒なのでご容赦を。

今回は装甲内側のパーツに最初からスミ入れをしていきます。仮組みしてからバラしてスミ入れ……ってやるとRGは大変なのでね。


f:id:alsanlog:20220813102724j:image

スミ入れが終わりました。う〜ん実質完成まである。


f:id:alsanlog:20220813102811j:image

クリアパーツもグロスインジェクションも美しいですね。眺めて撫でてニッコリしてたら3日経ってました。

流石に組みましょう。

 

折れたああああああ!

f:id:alsanlog:20220813103000j:image

アドバンスドMSジョイントはその構造と固さから組み上げ前に慣らし作業をするのですが慣らしてたら骨折しました。は?
f:id:alsanlog:20220813103132j:image

凸部分が逝ったようです。えぇ……。

今はどうにもならないので骨折状態のまま組みましょう。部品注文はランナー丸ごとで700円……。

いや!まだだ!何か、何か手はないか……。

 

 

フレーム完成

f:id:alsanlog:20220813103237j:image

う〜〜〜ん。これは紛れもなくシナンジュ

嘘です。シナンジュのアドバンスドMSジョイントは同RG ガンダムMk-2のものを流用しています。

 

休憩
f:id:alsanlog:20220813103432j:image

ズゴックと花火中継を見るなど。

今年は各地で祭りが開催されて良いですね。地元でも規模は小さくしてるものの数年ぶりに夏祭りが開催されました。

【プラモデル】暑い夏はシャア専用ズゴックを作るに限りますね。 - あるるん亭ブログ

 

装甲をつけていくよ
f:id:alsanlog:20220813103624j:image
f:id:alsanlog:20220813103657j:image

こんな感じでどんどん装甲を貼り付けていきます。


f:id:alsanlog:20220813103736j:image

めんどくなってパーツ全部切り出しました。まあ大丈夫っしょ!(某猫)


f:id:alsanlog:20220813191908j:image

色毎に分けてゲート処理をしていきます。

今回はグロスインジェクションを損なわないようヤスリは使用せず2度切りとデザインナイフで可能な限り丁寧な処理をしています。

 

骨折を直すよ
f:id:alsanlog:20220813192155j:image

アドバンスドMSジョイントの修整のために買った真鍮線0.8mmだ。面構えが違う。

 

1mmドリルで穴を空け真鍮線を通して両端を折り曲げた後に接着剤で補強をします。f:id:alsanlog:20220813192320j:image

これを
f:id:alsanlog:20220813192341j:image

こうして
f:id:alsanlog:20220813192359j:image

こうじゃ!

うおおおお直った!ちゃんと膝が連動して動いてくれます。装甲で目立たなくなる部分で助かりました。


f:id:alsanlog:20220813192746j:image
f:id:alsanlog:20220813192800j:image

接着剤の乾燥を待っている間にバーニアやパイプを部分塗装していきます。

めんといので今回はガンダムマーカーを使用。

 

ここであることに気づくあるさん。

シナンジュのツノなくね?

シナンジュのツノがどこを探しても見つかりません。このままじゃシナンジュスタイン(偽)になってしまう。

 

骨折の次は紛失か。

ええいバンダイ部品注文!と思ったら在庫ナシ!ヨシ! #良くないが

 

かくなる上は適当なランナーから切り出して誤魔化すしかあるまい……。
f:id:alsanlog:20220814135013j:image

そうしてできたのがこちら。かわいいツノだね♥

 

関節&リアヘビー問題
f:id:alsanlog:20220814135303j:image

とりあえず形になったものの、股関節周りの関節が浅く緩く、大型スラスターやプロペラントタンクから想像できる通りリアヘビー機なためここまで前傾させないと自立しません。

 

しかも腰も同じように浅く緩いのでこのままだと保持できません。

 

嘘でしょ?

 

とりあえず関節強化からやってみましょう。
f:id:alsanlog:20220814230509j:image

紹介しよう、関節強化のためにダイソーからやってきた水性ニスだ。面構えが違うな。


f:id:alsanlog:20220814230601j:image

足の軸と受け側にも爪楊枝で塗って乾燥させます。

 

ついでにめちゃくちゃポロリする膝装甲と盾の軸にも塗布しておきます。

 

立った!シナンジュが立った!
f:id:alsanlog:20220814230644j:image

諸君!我々の勝利である!

シナンジュと水性ニスはズッ友ってワケ。めでたしめでたし。

 

若っっっ干リアヘビーさが残りますがカウンターウエイトはアイデアが出てこないので今回は見逃してあげましょう。今回だ・け・だ・ぞ♥


f:id:alsanlog:20220814230844j:image

後ろから見てもとりあえず大丈夫そうですね。


f:id:alsanlog:20220814231157j:image
f:id:alsanlog:20220814231149j:image

ツノがとても愛らしいシナンジュになりました。

再販情報見つつ部品注文できるタイミングを待ちたいと思います。

 

感想

とにかく補修と修整で疲れました!

パチ組のはずが毎度どうして……。

 

シナンジュの問題点をザッと挙げると

・ふんだんに使用されているアドバンスドMSジョイント

・首の据わりが悪い

・腰、股関節周りの軸が短すぎ&受け側浅すぎのため自立せず腰がと膝で反る

・膝装甲と武装がポロリしまくり

と散々であります。

 

しかし!

・メッキ風塗装のエングレービング

・装甲パーツのグロスインジェクション仕上げ

・気になる合わせ目がほぼ無い

この3点を"誰が作っても得られる。"これはものすごいことですね。

バンダイの気合と技術とフルフロンタル様への忠誠心があってこそ。

問題点を考慮してもお釣りが来るほどカッコいいですね。動かすとポロリするので静かに優しく飾っておきましょう。

 

 

それでは( *´ ェ `)ノシ